お問合せフォーム
サイトマップ他
トップページ > 協会について

 近年、わが国においても経営の危機管理に対する関心は急速に高まってきています。しかし、これらの理論と実践は企業に十分浸透されていません。そこで当協会では、経済学・商学・工学といった学術的分野と、実践に基づく経営分野を融合させ、経営に関する危機管理能力の基準となる「経営危機管理士」資格を設けています。
 当協会が監修するテキストは、大学などの教育機関で実際に授業に取り入れられており、学生や社会人の危機管理能力の向上を図ることで、企業の経営レベルの底上げを目標に邁進しております。
商  号 一般社団法人日本経営危機管理協会
設  立 2012年4月3日
目  的 当協会は、経営および経営の危機管理に関する能力を開発・育成し、企業経営と社会の健全な発展を図ることを目的とします。
業務内容 経営危機管理に関する資格試験の実施および認定証の授与
経営危機管理に関する研究事業や教授事業の実施など
所 在 地
お問合せは『お問合せフォーム』より承っております。内容によっては、ご返答にお時間をいただくこともございます。また、土日、祝祭日、年末年始、夏季休暇期間は翌営業日以降の対応となりますのでご了承ください。
HPアドレス http://jamc.jp
mailアドレス info@jamc.jp
(1)経営危機に関する資格認定事業
社会人としての基礎能力となる、「経営危機管理能力」の評価に一定の基準を設け、学生および社会人の危機管理能力の向上を図ります。
(2)経営危機に関する研究事業
本事業では、経済学・商学分野の専門家をはじめ、工学分野、実践での経営分野といった様々な分野の専門家より最新の情報や意見を取り入れ、企業の実践で役立つ、総合的な経営危機管理の知識や手法を研究開発します。